『グラゼニ』を読めば衣笠祥雄がどれだけ凄いかわかる!泣ける!

グラゼニ

原作:

漫画:アダチケイジ

出版社:講談社

掲載誌:週刊モーニング

発表期間:2010 - 2014

巻数:全17巻

COMIC REVIEW - マンガレビュー

グラゼニ』という野球マンガを初めて知った時、正直あまりいい気持ちにはなりませんでした。野球マンガと言えば、青春。青春とお金は一番離れた所にいて欲しいと思っていたからです。

ですが、この漫画をすべて読み終えた時、僕の考えは全く変わってました。よくぞ、よくぞこの視点から野球を描いてくれた!と。野球を10年やっていた僕ですが、野球と言えばプロ野球よりも甲子園が好き。なぜなら、一生懸命だから。

そんな僕の“わかっていなかった”プロ野球の魅力をブーメランフックのようにガツンと教えてくれた漫画『グラゼニ』。今日はその漫画のレビューをしていこうと思います。

スポンサードリンク

『グラゼニ』のあらすじやストーリーを10秒でまとめると…

グラゼニとは…

プロ野球8年目の主人公、凡田夏之介。彼は左投げのサイドスローを武器に中継ぎ投手として地味に活躍していたが決して一流とは言えないポジション。いつクビになるかわからないプロの生活。プロを辞めても解説者や監督やコーチとして生きていける選手なんて一握り。グラウンドには銭が埋まっている、略してグラゼニをモットーに短い選手寿命の中で如何に自分の将来を安定させるかを考えながら生活している主人公の活躍の記録…

教えて!レビューロボ!『グラゼニ』っておもしろいの?感想は?評価は?おすすめ?

ロボえも〜ん!『グラゼニ』の事を聞かれて正直困ってるんだ。『グラゼニ』って一言で言うとどんな漫画なの?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

“プロ野球を観たくなる野球漫画”ダロ。
うーん…。それじゃあぶっちゃけ『グラゼニ』って面白いの?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ソンナノヒトソレゾレダロ。
えー。それじゃあ困るんだよ。漫画人2号なりの意見を聞かせてよ!熱く語ってよ!レビューロボの名において!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ショウガナイナ。人ヲ捨テタ、ロボノチカラ、見セチャルワ。モード反転、裏コード、ザ・ビーストンウッド!
うおぉぉお!!漫画人2号が僕の中に入ってくるぅぅううう!!アニキィィー!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

\超絶合体/

漫画人2号漫画人2号

野球漫画って有名なものが沢山あるよな。
ドカベンキャプテンタッチMAJOR、ちょっと変化球だとROOKIESとか?最近だとダイヤのAおおきく振りかぶってなんてのもあるね。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

今、オマエが言った漫画の共通点ってなんだ?
うーん…。スポ根?熱い感じ?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

別にタッチはスポ根じゃねーダロ。
んー。なんだろ。こう、主人公ってか野球部がボウズ頭じゃない?髪の毛フサフサーって感じの。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

キャプテンはボーズだったじゃねーか。ドカベンの山田もギリギリ、ボーズ頭だろ。
じゃあ何だよ。もったいぶらずに教えてよ。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

青春。
青春!?あー!確かに青春時代を野球に費やしているね。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ところがドッコイ、今回のグラゼニの主人公は最初っからプロだ。モジャモジャ頭でヒゲ面の爽やかさのかけらもない26歳だ。
えー?面白いのそれ。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

オマエは野球漫画に何を求めているんだ?
うーん、なんというかアレだね。僕は昔、野球をやっていたんだけどさ、人の野球を全く観なかったんだよ。プロ野球もあんまり観なかったし、野球漫画も読まなかった。もっぱらスポーツは観るよりやる方のタイプでさ。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ほほう。
んでさ、野球をやらなくなってから、ドカベン読んだきっかけで野球漫画オモロー!ってなってタッチとかMAJORとか読んだわけ。そしたら、あー!!なんで僕はもっと早く読まなかったんだ。野球やっている時に読んでいれば、もっともっと努力出来たのに!!って思うんだよね。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

でもオマエ、野球やり切ったんだろ?10年だっけ?
うん。自分の中では何の未練も無くやったなって感じはするんだけど、こう漫画を読むとさ、野球がやりたくなってくるんだよね。だからとりあえず今でも素振りはしてる。ドラフト会議に名前あがる事を夢見て。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

スカウトの人が偶然通りかかるパターンのやつな。
そう!未来の四番バッターが素振りしてますよ〜ってな感じでブンブンと。まぁ、つまり野球漫画はさ、過ぎ去った青春時代を思い出させてくれるわけよ。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

あー。オマエ結構イタイやつなんだな。
!?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

で、だな、グラゼニはそういう野球漫画とは一線を画した作品になっている。オマエの言葉を借りるとしたらこれは野球をやりたくなる漫画ではなく、野球を観たくなる漫画だ。それもプロ野球を。
プロ野球かぁ…。プロ野球ってあんまり一生懸命じゃないっていうか、一塁まで全力疾走しないのとか観ると、やっぱり野球は甲子園だなぁって思っちゃうんだよね。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ふふふ。青二才が。そんなオマエこそこのグラゼニを読んでみるといい。なぜプロ野球選手が一塁まで全力疾走しないのか理由が書いてある。それに今オマエ、プロ野球選手が一生懸命じゃないと言ったけどな、彼等は“必死”だ!
必死?だって一年間、好きなことを仕事に出来て、給料だって普通の人が考えられないぐらいな年俸もらっているじゃん。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

よし。とりあえずオマエ、あたまを地面にこすりつけろ。そしてその姿のまま聞け。
Orz…

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

いいかね。まずプロ野球選手の平均選手寿命は何年か知ってるか?9年やぞ。9年。もちろんこれは平均であって、もっと短く終わる選手だっている。
でもさっきも言いましたけど、その9年でも普通の人の何十倍もの年俸もらえるじゃないですか。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

税金を考えてみろ。
税金?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

いいか?日本の税金は前年度に稼いだ額に応じて払う額が決められる。しかも大金を稼いだ人からごっそりとる累進税率システムだ。
でも、ごっそり取られたとしても、それでも普通の人より多いでしょ。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

いやはや。ポンコツかオマエ。プロ野球選手の給料は活躍した分で決められる歩合制だ。普通の人は働いた年数が上がれば基本的には右肩上がりに増えていくが、例えば1年前は大活躍したのに今年は全く活躍出来なかった。そしたら年俸が大幅に下る事もある。つまりバカでかい税金を少ない年俸から払わなければならなくなる時もあるわけだ。
あぁ…。確かに。僕の大好きだった巨人の松本哲也選手なんて新人王獲ったのに、もう引退してしもた…。あんなに活躍してたのに。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

しかも、大活躍した次の年に怪我でもして、引退なんて事になってみ?野球一筋で生きてきた人間だぞ?いきなり無職になって次はどうすればいいねん!
でも野球の解説者とか監督とかコーチがあるじゃないですか。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

おいおい。どれだけの椅子が用意されていると思ってんねん。そーゆー椅子に座れる人はごく一部。一流の中の超一流。その席に付けたとしても、プロ野球選手だった頃に比べると給料は下がる。でも初年度は税金はごっそり持っていかれる。しかも経営陣の考えも変わるわけで一生その椅子に座れるわけでもない。
考えてみれば維持費とかも大変そうですね。プロ野球選手は立派な家建てて高級な車持ってそうなイメージです。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

そういう生活レベルを上げてしまったものは下げる事が困難だ。下げずに暮らしていきたいのであれば、如何に選手時代に大金を蓄えておくか。…とまぁ、今までの話全部『グラゼニ』の受け売りだけどな!
えー!?そうなんですね!でも確かに、ちょっとプロ野球を観たくなってきました。活躍出来ていない選手を応援したくなってきた。甲子園で大活躍しても、プロに行ったら全然って事ありますもんね。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

そう。まさに主人公は甲子園にも行けず、ドラフト7位で獲ってもらった地味な選手。甲子園で大活躍したような人達の中でさらにプロに行っても活躍出来る“本物”たちの中に入って、少しでも長く活躍していかなければならない。
おお。そう考えると、漫画の王道のように思えますね。のし上がっていく成長記録のような感じで。ライバル達と戦って、必殺技生み出したりして。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ふふふ。まだまだオマエも若いね。この漫画はとにかくゼニだ!野球対決が中心の描かれ方ではない。契約更新とか二軍での生活とかファン感謝デーとか、普段ならあまり目を向けないような部分を中心に描き出しているのだ!
おおお!!それはまたマニアックな!意外となかったですね、そういう視点の野球漫画。ゼニって青春と遠い所にありそうだし。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

2012年版『このマンガがすごい!』オトコ編ランキング2位だったのも納得な内容だ。社会で戦う戦士たちに受け入れられそうだからな。プロ野球選手もビジネスマンなんだぜ、と。だからこそ社会人でがんばっている人に読んでもらいたい!
プロ野球、僕もグラゼニ読んで、万全の体制で観なくっちゃ!!シビアな世界だぜ、プロ野球!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

しかもこの漫画、意外と演出が凝っていて、え!?あーそーだったのか!!なるほどな!と飽きさせない描き方もしていて、普通の漫画としてのストーリー構成もいい!
伏線ってやつですか?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

そーだな。あまり詳しくは言えないが、キャラの名前の付け方とかな。3巻ぐらいからその演出がキラリと光るぜ。だからとにかく5巻。5巻までは一気読みを薦める。
うひょー!!5巻まで駆け抜けます!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

しかも気に入ったのなら、続編もあるぜ!
うひょー!!!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

活動限界デス!脱皮!
はっ!…僕は今まで一体。あれ?なんかおでこが汚れている。なんでだ?んで、ロボ?結局『グラゼニ』の世間の評価はどうなの?

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

漫画人2号漫画人2号

ソンナノAmazonノレビューヲ読メ。世間ヨリ、自分ガ面白ケレバ、ソレハオマエニトッテ“名作”ダロ。一度名作ト認メタカラニハ負ケネエ引カネエ悔ヤマネエ。前シカ向カネエ振リ向カネエ。俺ヲ誰ダト思ッテヤガル!俺ハ俺ダ!ロボだ!
ありがとう!ロボ!『グラゼニ』についてお客さんに熱く語ってくるね!俺たちの戦いはこれからだ!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

ご愛読ありがとうございました!先生の次回作にご期待ください!

『グラゼニ』で気に入った表現や心揺さぶる名言の引用

レビューロボ漫画人2号、『グラゼニ』の名言をお客様に届けてくれよ。あれは、いいものだ!

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

所詮プロはカネです。

プロ野球の契約金ってのは一般の社会の“退職金”という性格もある……悪いことは言わん…。引退するまで契約金には手をつけんほうがいいよ。

爽やかなハズの現役バリバリのスポーツ選手が引退後の生活設計を考える……ホント爽やかじゃないよね…!でも……それが“プロ”!ということ—!

プロに入ったら自分以外は全て敵だ。

たまにさ……「おれは“飲み”の席じゃ絶対仕事の話はしねェ」って奴がいるよな。まあ……スマートさんでけっこーだけどよう……おれはそーゆー奴は信用しねーな……

プロの運動選手はみんなとんでもない運動神経を持っている。でもそれでもヘマをやっちゃうのは……“みんなとんでもない緊張感”の中でやっているから……

「過去の実績」より「今の調子」なんです!

子供が生まれてくるまで?じゃあそのあとは二軍に落ちてもいいんだ……。子供が生まれてこようがこまいが……そんな事は関係なくずっと一軍にいりゃいいじゃねーかよ。“家族のため”に野球をやる?笑わせんなよ。野球は“自分のため”にやるモンだろ?うまくなったら喜び……下手クソになったら嘆く!それだけの事だろ!?二軍に落とされるって事は「おまえは下手クソだ」って言われた事と同じなんだからその事だけを嘆けよ。一軍にいるって事はその逆だ!野球をやっている以上「おまえはうまい」と認められていたいだろ?本能として!そこに“家族のこと”なんて絡めるなよ。

一年一年…目の前の仕事を頑張って生きてゆく…。それが人生だもんねェ。

「元プロ野球選手」という肩書があると……まわりがそれなりに気を遣っちゃうだろ?

一軍の監督ってモンは選手のことを「将棋の駒」としか考えていないんだ。その駒を指せる権利を持っているのは文字通り監督だけ。それを指して失敗したら……「指した自分がバカだった〜〜」と責めるだけ!“駒”のことは責めない。モチロン守っている野手も“その駒”のことを責めない!「長いシーズンを戦っていく」ということは……そういうことなんだ。

ひろし〜〜〜おおきくなったなあ〜〜〜〜

プロに入ったのに………“プロ以外”のチームと対戦しなければならない!“わずかばかりのプライド”も消し飛びます。

吹っ切れるも何も……“この現状”を受け入れるしかありませんから

おれたちが出ている試合が「日本シリーズ」なのかなんなのか分からない。それが天下分け目の“第7戦”とか……正直知ったこっちゃないんだ。

山梨県鶴見川高校野球部出身凡田夏之介クンは………甲州武士の鑑だッ!武田信玄もきっと鼻が高いと思っとるぞ〜〜〜〜〜ッ!

誰がなんと言おうと今日は人生最高の日だッ嬉しい!山梨バンザイ!

“競争”はプロ野球だけじゃない。どこもかしこも厳しい。

プロ野球で“親父の背中”なんて言ってる奴は凄い余裕のある奴だ!1回クビになったおれはプロ野球にしがみついている身分だ!ストッパーになれればそれは幸いだが……。まだまだ“敗戦処理”だろうがなんだろうが…「行け」と言われたとこは全て行く!来シーズン1円でも多く給料を上げるために……な。そんな男に“親父の背中”も何もない……。

絶対負けるハズがないと思っていた奴が自分の上を飛び越えていく……。こんな“恐ろしい世界”があるか………!?!?

おれのことを“球団の顔”としてなかば「スター扱い」しておきながら……その裏でおれを追い落とす奴を養成していた。ふ……。ま……。それが「プロ野球株式会社」なんだけどな……!

“勝負事”は相手を無理矢理にでも見降ろしていかなきゃ……!

この先どうなるのか分からない!でも僕は“一流”の仲間入りを果たしたんだ!この人を………この人を………一生守っていきたい!

俺に言わせりゃよ…「メジャーの流儀」はたったひとつだ!「技術なき者は去れ!」これだけね!

活躍した時にむしろ落としてやる。そっちの方が“下”でがんばれるからな………

僕はこれが “人生”ということだと思っているんです。いや……これこそが “人生”!“人生”とはままならないものでしょ。

そりゃあ西浦先輩は普段は頼りない顔をしてる時もあります。でもこの人はイザという時になったら一番頼れるアニキなんです。男は「イザって時」……ですよ。僕は高校の時……この人から“男”ってモノを学びました。だからプロ野球選手になれた。僕の「ピッチャーとしての原点」は……“西浦菜津樹”なんです。この人なら一生……絶対大丈夫です!

泣けた……自分の情けなさに泣けた。

漫画人2号漫画人2号

引用:「グラゼニ」原作;森高夕次, 作画:アダチケイジ(講談社)

『グラゼニ』の個人的な神回・印象に残った所。

無料漫画相談所の人から注意

これは個人の感想で感じ方には個人差があります。海を泳いでる最中には海の広さはわからんよ…ふふ。

グラゼニ 第01巻

  • 第4話「ともだち」の巻

グラゼニ 第02巻

  • 第9話「倍数」
  • 第10話「二軍なのに一軍」

グラゼニ 第03巻

  • 第12話「教師 or 反面教師?」
  • 第14話「投げるタマがない!」

グラゼニ 第04巻

  • 第17話「便利屋卒業?」
  • 第18話「やったぜベイビー」

グラゼニ 第05巻

  • 第22話「戦力外通告!」
  • 第24話「ナッツの身体能力」

グラゼニ 第07巻

  • 第30話「ふたりのナッツ」
  • 第32話「ナッツとプッチンプリン」

グラゼニ 第08巻

  • 第39話「蚊帳の外」
  • 第41話「アンタのエエ人」

グラゼニ 第10巻

  • 第42話「逆・シリーズ男」⑤

グラゼニ 第11巻

  • 第46話「The last run」
  • 第50話「投げるな!」

グラゼニ 第14巻

  • 第65話「A・RA・SHI」

グラゼニ 第15巻

  • 第68話「ポスティング」前編(米米CLUBのTIME STOPを凡田が泣いて唄っていた時に天才だと思った。この漫画家のセンススゲーと思った)

グラゼニ 第17巻

  • 第83話「クビの理由」
  • 最終話「決定力の無い男」

漫画人2号漫画人2号

神回。…アマリ強イ言葉ヲ使ウナヨ。弱ク見エルゾ。

『グラゼニ』の最終話、最終回はどんなラストが良かったのか?

ねたばれ
注意

ここから先はネタバレを含む場合がございます。まだこの作品を読んでいないあなたはこのままページを閉じるか、覚悟の上でお読みください。

by 無料漫画相談所の人


ここから

スパイダーズとの契約更新が上手く行かず、言われるがまま、ポスティングシステムを申告する凡田。ここから怒涛のエンディングラッシュが続くわけだけど、正直な所、続編の存在を知らなかった僕は、海外編が始まるもんだと思っていた。

海外メジャーリーグに挑戦する凡田が、今までずっとグラゼニ、グラゼニと言ってきたけど、やっぱり最後はお金じゃなくて夢だよね!的な所で、僕達の夢はこれからだ!みたいなラストだと思っていた。

でも、やはり常に右斜を行く演出。

同時並行に進行していた恋愛ストーリーを上手く絡めてラストをまとめる。渋い。凡田がすごく好きになってしまう。続きも読みたくなってしまう。よかった。メジャーリーグに行かなくて、本当に良かった。

こんな奥さんがいたらイイなぁと心から思いました。そして凡田の性格を最大限に活かしたプロポーズ。うぉぉ。泣いた。泣いたまま最後のページをめくった漫画は他にあっただろうか。

それだけこのラストは僕にマッチしました。

漫画人2号漫画人2号

言ウホド、ネタバレシテヘンヤナイカーイ。

『グラゼニ』のような漫画。似てる作品や個人的におすすめな作品。

グラゼニと初めて聞いた時、瞬時に頭に浮かんだ漫画はこれです。スポーツでもなんでもないし雰囲気も全然違うけど面白いっす。ドラマも良かった。

無料漫画相談所の人無料漫画相談所の人

『グラゼニ』のまとめ

まとめ

実はこの漫画、衣笠祥雄が亡くなったのがきっかけで読み始めた漫画です。衣笠の特集を組まれていたのをテレビで観て、試合に出続けるって本当に凄いことだなぁと。

それでプロ野球を扱っている漫画を探して『グラゼニ』を発見しました。聞きなれない言葉、グラゼニ。

「グラウンドにはゼニが落ちている」南海ホークスの名将だった鶴岡一人が実際に言った言葉を略してグラゼニ。最初に思ったのは、そのゼニを落としているのはファンであって、なんか聞こえが良くないよなぁ…と。

でもこの漫画を読んでまさにプロ野球選手も一人のビジネスマン。サラリーマンが家族や生活のために営業を必死で取ってくるように、彼等も必死なのだと言う事がわかりました。

ゼニが落ちている。誰もがそれを拾いたがる。常に競争。ゼニをつかめなかったやつには悲惨な人生が待っている。そう考えると、スランプやチーム事情などなど様々なカベがありながらも、ずっと試合に出続けた鉄人こと衣笠祥雄の偉大さを改めて知りました。50歳になってもマウンドに立っていた山本昌のすごさを知りました。

どうにもこうにもプロ野球を観ると一流の選手ばかりなので、一流が当たり前のように思ってしまい、その一流で居続ける事がどれだけ大変な事かを忘れてしまいます。戦場に立っているだけで凄いことを忘れてしまいます。

声が出ずとも解説者をしていた衣笠。最後の最後まであの人は戦場で戦っていたのだなぁと、改めて目頭が熱くなりました。ご冥福をお祈りします。

プロ野球、もう一度観始めるかな。

ではでは、そんな感じで、プロ野球の魅力を改めて感じさせてくれた漫画『グラゼニ』でした。さて、今回の漫画は何点でしょうか。ロボ、よろしく。

予告

他人との接点を最小限にとどめ生きていくロボ。彼が心を開くのはハカセ指令だけだった。自分より『グラゼニ』に詳しいロボに、無料漫画相談の人は惑う。次回「レビュー、この下のむこうに」この次も、サービスサービスゥ!
漫画レビュー

コメントを残す