『バジリスク~甲賀忍法帖~』を読んだ。さらりと読めたが、せつねー!

77%

漫画データ

作品名:バジリスク~甲賀忍法帖~

作者:せがわまさき

掲載誌:ヤングマガジンアッパーズ(講談社)

発表期間:2003年 – 2004年

巻数:全05巻

山田風太郎の「甲賀忍法帖」を原作にした漫画、バジリスク~甲賀忍法帖~を読んだ。

きっかけはパチスロの「パチスロ バジリスク~甲賀忍法帖~2」。かなりこれで遊んだ。だいぶ経ってからそういえば漫画とかアニメの方を見たことないなと思い、まずは漫画を読むことにした。パチスロで当たっている時のストーリー紹介であらすじはなんとなく知っていたが、だいぶ印象が違っていて面白い。ちょっと淡白気味な気もするけども…。

「バジリスク~甲賀忍法帖~」のあらすじ的なもの

時は江戸、徳川が天下を治めている時代である。甲賀と伊賀、そこに千年の敵としてお互いに憎み合う忍者二つの一族があった。徳川三代目の跡継ぎを決する為、徳川幕府の後見人南光坊天海はこの二つの一族を使って後継ぎを決める事を提案する。

それまで憎み合っていると言いつつも甲賀と伊賀の間には服部半蔵の決めた不戦の約定という、戦ってはならない決まりごとがあり、争う事はなかった。争い合っていたのは昔の事。今でも憎しみ合う両者ではあったが、なかにはお互い手を取り合って、表の世に出るべきだと考えるものも出てきた。

それが今回の物語の主人公、甲賀の統領の孫、甲賀弦之介と伊賀の統領の孫、朧である。二人は恋仲。近々祝言を挙げて結婚する予定もあった。この二人の祝言を機に400年の因縁の両一族が和睦する。

そんな和睦が差し迫っていた中、伊賀の統領、お幻と甲賀の統領、弾正は家康に呼ばれお供を連れて上京する。そこで不戦の約定を解き、本気の忍法勝負をするように命じられるのだ。お互い、10名の忍者を選出し、人別帳に名を記す。伊賀は徳川の長子竹千代派につき、甲賀は次子国千代派につく。

そして双方闘い殺し合った末に人別帳を持って生き残った者を勝者とし、一族千年の栄禄を約束せん。と家康に約束される。お互いの一族が徳川の跡継ぎを決める為に利用されるのだ。

その昔、恋仲でありながらも種族が違う為結ばれることがなかったお幻と弾正は自分たちの孫の未来をふびんに思いながらも忍法争いを決し、相打ちになる。弾正とお幻から不戦の約定が解かれた事を記す巻物を渡されたお供のものは急いで里に戻る。

いまだ両一族に不戦の約定が解かれたことは知れ渡っていない。弦之助と朧は逢引きをしており、幸せなデートを送っていた。そんな中一足先に不戦の約定が解かれた事を知る伊賀の忍者はお幻亡き後の当主である朧に内緒で弦之助を自分の里に引き入れ殺してしまおうとたくらむ。

そんなことも知らず、自分たちの仲を祝ってくれるのだと喜ぶ朧は是非にと弦之助を里へ招待し、宴の席をもうけるのであった。美味い物を食べ、楽しく談笑する弦之助と朧。そんな二人の知らぬところですでに両一族の殺し合いは始まっていた。

伊賀のリーダー、天膳。不戦の約定が解かれた事を知った彼は人別帳に記してある忍者に命令を出し、弦之助のいない間に甲賀の里を攻め込み、一気に片を付けることに決める。

不戦の約定が解かれた事を知らない甲賀だったが、伊賀の奇襲を事前に察知し、逆に天膳たちを囲い込む。追い込まれてしまった天膳は弦之助の命令でここまでやってきたのだがと嘘をつき、不戦の約定が解かれた事を知らない事を盾に、その場を立ち去る。伊賀の奇襲に不信を抱いた甲賀者は弦之助の身を案じ、伊賀に偵察を送る。

そして不戦の約定が解かれた事を知る、弦之助と朧。争いたくはない二人であったが、すでに戦いは始まっており、死者も出ている。この勝負、引くことはできない。

お互いの想いとは裏腹に忍法勝負は本格的な戦いへと進んでいくのであった。

…こんな感じのあらすじです。原作の「甲賀忍法帖」は読んだことがありませんが、内容がすごくわかりやすく読みやすい漫画です。

漫画版の「バジリスク~甲賀忍法帖~」は思っていたよりも軽い

軽いという表現が正しいかどうかはわからないけれど、この漫画は非常にテンポよく進んでいく。アニメ版の物語をなんとなくパチスロから知っていた僕は、いろいろなキャラの設定なども一通り頭に入っていたのだが、漫画版を読むとそういうシーンはほとんど出てこない。

例えば、朧と弦之助が子供だった頃なんて大きく取り上げられないし、各キャラの過去なども取り扱っていない。弾正とお幻の過去の恋もあまり取り上げられていない。とにかく登場人物の現在の時間で話が進行していき、スッパスッパと死んでいく。

パチスロをやっていた時はお気に入りのキャラとかいたんだけど、漫画を読むとなんでこんなに愛着がわかないんだろうというぐらいあっさりした扱いになっている。無駄な所をすべて取り除いてストーリーで楽しむタイプの漫画だ。

漫画版全5巻。アニメ版だと24話で、かなりの尺を取ってある為、肉付けをしやすかったのかもしれない。本当にすぐに読めてしまった軽い5冊だった。

アニメやパチスロから入った人は絵の違和感を感じるかもしれない

別に完全なる別ものと言うわけではないが、独特なタッチだったアニメ版のバジリスク。パチスロでもその絵が使われていた為、その印象が強かったが、漫画も漫画で別種の独特なタッチで描かれていて、これまた魅力を感じる。

朧の顔がなんか思ってたんと違う。でもなんかコレはこれでいい。蛍火もなんか違う。でもなんかこれはコレでいい。

違和感を感じるけど、どっちもいい感じ。

そして、漫画版ではおっぱいが見事に描かれている(笑)

ちょろっとアニメ版を観た時は布で隠されたりしていたけど、こっちの方は女性キャラのおっぱいが見事に描かれています。

なまめかしい。

二つの一族の末路

漫画版は非常にテンポよく話が進んでいきます。10対10の対決でしたが、気が付けば1対1。ラスボスであるはずの天膳も意外とあっさりと死に、小物感がぬぐえません。

しかし、そういう描き方をしているからこそ、不戦の約定の存在の大きさがくっきりと現れ、二つの一族がぶつかりあってしまうとどういう事になってしまうのかが手に取るようにわかります。

しかも、争いたくない弦之助と朧。恋の仲なのにお互いに刀を向けなければならない宿命。せつねー。なおかつ、この物語の本質は不戦の約定が解かれたものの、その理由を深く知らずに殺し合った者が多いという所だと思うのです。

徳川の跡継ぎを決める為に利用された甲賀と伊賀。嫌だと言えない、あの頃の時代。あのまま和睦がうまくいっていたのならば、愛するものを失うこともなかった甲賀と伊賀。

愛するものを殺されたが為に憎しみが生まれ、またその憎しみによってまた誰かの愛する者が失われる。そして最後には戦いたくない二人も戦わなければならない。

この漫画の一番の悪者はラスボス天膳ではなく、一番最初にちょこっとしか出てこなかった南光坊天海です。あいつのせいで、甲賀と伊賀が悲しい結末を迎えなければならなかったのです。

くそう。

歴史の教科書で南光坊天海なんて名前が出てきた時にはただの暗記項目でしかなかったのに、こうやってこの漫画を読んでしまうと忘れようにも忘れられない嫌悪の対象として頭にクッキリ記憶されちまう。

漫画ってのはすごいものだなぁ。

まとめ

この作品とにかくよい。

「バジリスク」と名前を付けたのも非常ににくい演出だと思う。バジリスクと言えば、西洋の架空の生き物。睨みつけるだけで相手を石化するという生き物で、詳しくはわからないけれど、朧の能力の事を言うのか、はたまた弦之助の能力を言うのか。はたまた、一瞬で勝負がつく忍法争いの特徴をつかんで表したものなのか色々と想像が広がる。

原作の甲賀忍法帖もすごく評価が高いですが、この漫画も負けず劣らず評価が高い。さらにアニメも評価が高い。各作品、どれをとっても他のメディアも触れてみようかなっていう気になる。

とりあえず、次はアニメを観ようと思います。

そして、原作もいつかは読んでみたい。そんな作品です。

はい。

あんまりまとまらなかった気がしますが、よかったらぜひ。順番的にはアニメの方を先に観たほうが愛着がわきやすいかもしれません。そして、バジリスクのファンになったら、まだ設置しているお店があるかわかりませんが、ぜひゲーセンでパチスロのバジリスク2を打ってみてくださいませ。あれは一日打っていても飽きない名機でした。

ではでは。

今すぐAmazonで「バジリスク~甲賀忍法帖~」のレビューを見てみる

野口明人の「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」レビュー
  • 80%
    ストーリー - 80%
  • 90%
    絵 - 90%
  • 55%
    キャラクター - 55%
  • 80%
    読みやすさ - 80%
  • 80%
    メッセージ性 - 80%
77%

抜粋のみを表示

二つの忍者一族の悲しいさだめ。とにかくキャラがあまりにあっけなく死ぬ。愛着もわく前に死ぬ。最終巻まで一気に読める。

スポンサードリンク

77%

あ、そーいえば、今話題のAmazon Fireを買ってみました。

iPadを2台持っている僕ですが、気になっていたのが8980円とかいう破格すぎる7インチタブレットのAmazon Fire。


プライム会員ならクーポンコードに『PRIMEFIRE』と記入するだけで4000円引きとかいう情報を聞いてアクセスしてみると、タイムセール中で更に1000円引き。なんと!3980円とかいうあり得ない状況だったので即座にポチりました。10台買ってもiPad Proを1台買うより安い!(一応、一人10台までしか買えないらしい…)


プライム・ビデオでアニメ見放題。Prime Musicでアニソン聴き放題。毎月一冊、無料で漫画や小説がダウンロード出来るとかいうおまけ付きな上に、容量無制限のAmazonフォトも使えるので自炊した漫画をアップロードしたりして、どこでも漫画読み放題。やべぇ…。Amazon Fireやべぇ。


ま、欠点が無いわけではなく、純正カバーが3000円ぐらいするので、カバー無しで使っているのと、昼間に外で使うと画面がちょっと見えづらいかな。


でも3980円でこれだけ楽しめるなら充分すぎる。(カートに入れる前は8980円の表示だけど、支払画面の所で割引出来るよ!)


…と、いうことで!プライム会員なら、ぜひタイムセール中に買おう!コスパ最強!世界変わるよ!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!