CATEGORY 学園漫画

学園漫画

『四月は君の嘘』が泣けなかった理由を本気出して考えてみる事にした

泣ける漫画を探し、『四月は君の嘘』を読んでみることにした。ピアニストの物語だけど、すごく読みやすい漫画でした。ただ、やっぱり泣けない。前回も泣ける漫画ということで、僕等がいたを読んだわけですが、僕の涙腺はどうなってしまったんだろう。涙もろいはずなんですけどね。

アニメの方もクッソ泣けるというレビューが多かったし、僕が号泣した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を作っているA-1 Picturesだったし、同じノイタミナ枠だったのでかなり期待して見てみましたが、やっぱり泣けませんでした。なぜ泣けなかったのか。僕はこのことについて真剣に考えてみることにしました。

決して、この作品を否定するものではありません。ただ、自分の涙の琴線に触れるものはなんなのかを真剣に考えてみたのです。

では、レビュー。

四コマ漫画

『あずまんが大王』は完璧すぎる。何度リピートしても飽きない4コマ!

『あずまんが大王』という漫画が僕をヲタクの道に導いたと言っても過言ではない…。たった4冊の漫画が、人の人生を変えることだってありえるのだ。

…なんて大げさな話をしてみましたが、今となっては当たり前のようになった日常系4コマ漫画。その扉を開いた作品です。

元祖日常系と言ってしまうと、もっと前からこういう感じの漫画は存在していたので語弊がありますが、この読んだ後のなんとも言えない喪失感。読んだからと言って人生に役に立つのかと言われたら、うーん…となりますが、この読後感がタマラナイ!

そんな気持ちを理解してくれる友達が僕の周りにはいないのです。あなたがもしこの本を手に取ってくれたなら…。