TAG 小学館

74%
ラブコメ漫画

『僕等がいた』を読んだ。つまらないと思ったけど最後まで読んで…。

『僕等がいた』を読みました。泣ける漫画と検索してヒットした漫画だったので、かなり涙腺ゆるゆるになることを期待して読みました。ええ。読みましたよ。最後まで。

でも。でもね、泣けませんでした。涙ひとつも出ませんでした。…というか、読み始めて思ったことはビックリするほどつまらない漫画だなということ。途中で読むのを辞めようかと思ったぐらいです。

しかーし!7巻ぐらいまで読んでからページめくりがとまらなくなりました。そして、最終巻…。つまらないなどと思った過去の自分をパンチしたくなりました。それほど前半と後半で評価がわかれた作品です。

何だろうね、この読み終えた後の喪失感。出来ればもっと長いこと読んでいたかったよ。

ではでは、レビューのほうを少々。